1. HOME
  2. 旅のお役立ち
  3. ユーレイルパス旅の記録
  4. ユーレイルパスで行くパリからビルバオ
ユーレイルパス旅の記録

ユーレイルパスで行くパリからビルバオ

【TGV】7:47分発ビルバオ → 12:33分着アンダイエ(20€/人)
【バスク鉄道※私鉄】アンダイエ → ボルエタビルバオ(※7.6€/人)
※ユーレイルパス保持者

パリからビルバオへの移動です…がユーレイルパスを使ったのは、フランスのアンダイエという駅まで。

そこからは、なんとバスク鉄道という私鉄に乗って、ビルバオまで行きました。

パリからアンダイエまでは、予約が必要な高速鉄道TGVで行きますが、約1週間ほど前に、駅でTGVの予約をしておきました。

いろいろWEB上の情報では、TGVが売り切れてて乗れない等見かけましたが、1週間前でしたので、8月のピーク時でも、購入する事ができました。

パリは、モンパルナス駅からTGVへ乗車できるので、地下鉄で向かいます。

モンパルナス駅、大きいですし、TGVへ乗るための荷物検査があるので、少し早めに到着しておいた方が良い事をここで知りました。

余裕をもって、コーヒーでも飲みながらと思っていたのですが、案外時間があまりなく、それでも意地でもコーヒー片手に、チケットのバーコードを駅員さんにスキャンしてもらい、電車に乗り込みます。

予約券にコーチナンバーと座席が書いてあるので、それを見て席につきます。

万が一誰かが座っていても、その方が間違っている可能性があるので、声かけてみるといいと思います。

結構座られてることありますので^^;

いよいよ、アンダイエに到着します。

次に乗る電車は、どこで乗ればよいかわからなかったので、インフォメーションで確認。

「駅を出て、すぐ右にまっすぐ行ったところ」ということでしたので、向かってみると、まあ滅茶苦茶小さい駅がございました。インフォメーションの方もスモールステイションと言ってました。

さて、こちらの鉄道ですが、アンダイエ駅から乗ろうとすると、なんとユーレイルパスが使えない。

そう、この鉄道は、バスク鉄道、つまり私鉄なので、パスが使えませんでした!ガーン!!

バスク鉄道アンダイエからボルエタビルバオまで

Hendaye → Errekalde
Errekalde → Etxebarri
Etxebarri → Bolueta-Bilbao

事前に調べておきましたが、まさか私鉄だったとは…

バスク鉄道では、簡単な乗り換えが2回あります。

電車を下車して、同じホームに来る電車に乗るだけです。

ただ、最初は、よくわからず、切符も「Errekalde駅」までしか買っていませんでした。

しかも、この「Errekalde」駅は、なんと無人の駅。

自動券売機と格闘して、なんとか、「Bolueta-Bilbao」行の切符を購入します。

そして、おなかが空いたので、スーパーを探すことに。

駅の外に売店も何もなかったので、GPSを一瞬起動させて、MERCADONA(スペインのスーパー)を発見したので、全速力で食料を購入しに行きました。

なんとか、ゲットして帰ってくることができました。

さて、その後、「Etxebarri」まで乗車し、乗り換え、「Bolueta-Bilbao」まで来ました。

私鉄に約2時間も乗ったのは本当に久しぶりでした!

旅行客はあまりいなかった様に思います(笑

ANAマイルとAirbnbを使って、自由に世界のベジカフェを巡る旅行記です。世界各国の気になるベジタリアンやヴィーガンのお料理をご紹介。私たちと一緒に旅を楽しんでいただければとても嬉しいです:)

更新情報

検索