1. HOME
  2. 女の子に必要な世界旅行の持ち物

女の子に必要な世界旅行の持ち物

Airbnb(エアビー)で転々として1ヶ月がたちました。

ロンドン → ブライトン → ルイス → エディンバラ → ベルファスト → アイルランド → パリ → ビルバオ(スペイン)

とAirbnb生活続けています。

1ヶ月がたち、まだまだ旅行初心者の私ですが、“郷に入れば郷に従え”を心に楽しい毎日を送っています^^

旅行に来る前…心配性の私は、持ちものについて、あれこれ沢山調べました。

行ってみなきゃ、実際のことは分からない、のは承知しておりますが、、現地では快適に!過ごしたいので何かと不安になりますよね。

この記事を見つけて下さった方も、そのような思いがあるはず、どれぐらいの荷物持てるだろうか?とか、持っていかないと困るものは何だろうか?とか。。

散々悩みましたので、ヨーロッパ周遊旅行に来てみて、持っきて良かった持ち物をまとめます。

渡航前の、ご参考になれば幸いです^^

旅の必需品

パスポート 期限の確認を忘れずに
スマホートフォン 言わずもがな
変圧器 ドライヤー、アイロンなどの使用に必須。
マルチタップ付きコード 電源ジャックの位置は、場所によって様々なので延長コードも合わせて購入すると、汎用性が高いです。
ペン 普段からモバイル頼りの私たち。知らない土地で、携帯の電源が切れる、壊れる、紛失する、トラブルは結構恐怖。普段携帯にメモする私ですが大切なこと、ステイ先の住所などは紙にメモしておくと安心。アナログの力強さを感じます。
マネーベルト こちらはセキュリティー対策用。お腹に巻きつける、メッシュのポーチだ。ヨーロッパ各地でスリが多いため、街歩きには必須アイテム。メッシュタイプでつけごごちが良く、身軽で安心に散策を楽しめる。スペインのホストには素晴らしいセキュリティ対策!と褒められた。
トラベルポーチ キャリーバッグに荷物を詰める際、こちのポーチがかなり役に立ちました。色々な国を回ると、短いステイの場所もありますので、荷物が散らからず、時短になります。amazonで、安く、使用感が良かったものを乗せておきます。デザインの可愛いものもあります!パッキングも楽しくなります♪

女の子の旅の必需品

ユニクロのブラトップエアリズム(UNIQLO) ブラジャーとキャミソールの一体型です。通気性も良く、私はヨーロッパではこれ1枚で街を歩いていました。ヨーロッパでは、女性の露出も高いため、1枚で歩いていても気になりません。一体型なので、持っていくブラジャーの枚数も減らせます。速乾性もあり、旅行にはかかせないアイテム。
ユニクロのライトウェア(UNIQLO) ヨーロッパは日本の夏とは違い、カラッとしています。晴れの日、日中は暑く、太陽の隠れる曇りの日、夜は肌寒い。必ず、温度調節のしやすい羽織りものを持参してください。私はこちらを常に鞄の中にいれていました。とにかく軽い、収納ポケットが付いている、UVカット、通気性が良い万能商品です。UNIQLOはヨーロッパにも店舗がありますが、安いので国内での購入推奨。
クロックス ヨーロッパでは、街並みが美しく、観光名所が密集しているため、とにかく歩く事が多いです。パンプスや、サンダルも可愛いけれど長距離を歩くときはコレ。こちらのデザインはサンダルタイプで見た目はスマートなのに、従来のクロックスの歩きやさも兼ね備えた、ハイパフォーマンスな1足。
ドレスワンピース 洒落なカフェ、レストラン、ナイトクルージング。場所によってはドレスコードがあることも。せっかくのヨーロッパ旅行ですから、お洒落な場所に行きたいし、お洒落していきたいのが乙女心。1枚で着飾れるワンピースドレスは、持っていくと活躍すること間違いなし。お気に入りの1枚を持って行こう。※ヨーロッパではファストファッションのお店が多くありますので、簡単なもであれば、現地で購入するのもおすすめ。
日焼け止め(アネッサパーフェクトUV ) ヨーロッパでは美術館をめぐるのでそんなに日に焼けるかな〜?と思っていましたが甘かった。。館内に入るまでに、屋外に並ぶこともしばしば。最長、日陰のない場所で2時間並びました。また、施設から施設は歩く事が多く、美しい庭園を見るために、公園など散策するシーンもありますので多めに持っていくことをおすすめします。

※ヨーロッパでは日焼けがステータス(バカンスに長く行けるほど裕福)という風潮があるため日焼け止めに関しては、日本のものが安く、品質も良いという印象を受けます。日焼けした肌が好みの方は、現地にはサンオイルが安く、豊富に売っていますので現地購入がおすすめ。公園や庭で肌を焼く方も多くみかけます。

ウォータータイプのクレンジング(ビオデルマ(BIODERMA) サンシビオ H2O-D 500ml) 日本の軟水とは違い、ヨーロッパのお水は硬水です。多くの方がおっしゃっていますが、硬水はカルシウムが多く、水で顔を洗い流すと残留物で肌が荒れてしまいます。そこで、ヨーロッパではクレンジングは拭き取りタイプで、保湿効果の高いウォーターベースのもが主流です。中でも「ビオデルマ(BIODERMA) サンシビオ H2O-D 500ml(クレンジング)」という商品はベストセラー。拭き取りタイプで保湿力も高い優れもの。日本での口コミも高く、実店舗はソニープラザなどで購入できます。ミニサイズと表記したのはフランスのメーカーなのでヨーロッパ購入した方が安いから。私は大きいものをフランスの薬局で購入しました。場所によっては、現地ですぐ購入できない可能性もあるので、始めミニサイズも持っていくと安心です。

こちらの商品でなくとも、似たような拭き取りタイプのクレンジングはスーパーなどでも購入できますので、そちらをトライしてみても良いと思います。メイクしない方も、シャワーの後に必ず拭き取ることをおすすめします!私は最初クレンジングした後にシャワーを浴びてしまい肌が荒れてしまいました。

保湿クリーム(カティエシアバター100% BIO) ヨーロッパは乾燥しています。日本の冬と同じぐらい、カラッと乾燥しています。乾燥はお肌のトラブルの原因です。せっかくヨーロッパにきて、肌トラブルがあると鬱々としてしまいますよね(涙)お気に入りの保湿クリームがあれば、持っていくことをおすすめします。

もちろん、ヨーロッパにも保湿系のスキンケア商品が販売しています。お気に入りの商品がヨーロッパのメーカーでしたら、現地で半額で購入できる商品もありますので、数日分持っていき、現地で大きいものを購入することをおすすめします。私はこの汎用性の高いシアバター「カティエシアバター100% BIO」は必ずカバンにを持っていました。

痛み止め(【指定第2類医薬品】イブA錠60錠※セルフメディケーション税制対象商品) 飛行機による気圧の変化、土地の気候など始め偏頭痛がおこることが多かった。あまり飲むのは良くないが、即効性が高いので長距離の移動が多い日など、常備していた。
巻きつけタイプの携帯ハンガー 世界旅行ではAirbnbを使用していたので洗濯することがしばしば。布製で巻きつけタイプのこちらの商品は、ハンガーやキャリーバッグの持ち手など、あらゆる棒がピンチに早変わり。下着を干すのに重宝した。
サングラス 日差しが強いので。できれば、多くの国を回る場合は安いもので充分。紛失や破損、海で流されるなどのリスクあり。
折りたたみ傘(雨、日除け兼用) 軽くて丈夫なものを推奨。ヨーロッパの天気はかなり気分屋。スコールのような土砂降りになることも。また屋外で長時間並ぶこともあるため、雨晴れ兼用のものだと、なお良い。
アロマ 様々な場面で活躍、特にペパーミントはおすすめ!

あれば便利、できれば持っていきたいもの

歯ブラシ数本(歯科医院向歯ブラシ) ヨーロッパでも沢山販売していますが、ヘッドが大きいタイプが多いです。また日本で購入したほうが安いので数本持っていくと良いと思います。
ジップロック(イージージッパーM45枚入) 持っておくと重宝します。スーパーで購入したものをキープしておく時、何か液体を持ち運ぶとき、、性能もよく軽いので。
町歩き用エコバック 町を出歩くとき、身軽なバッグは必須。アジア人の観光客はスリのターゲットになっているため、肩にしっかりかけられるものであまり目立たない、汚れても良い、エコバックがおすすめ。またスーパーなど、買い物した後は基袋がもらえない事が多いので、その際も活用できる。私は縦長のA4サイズのものエコバックを持っていった。カバンの口が狭いので、手を入れられる心配がない。横長タイプのものは、盗られやすいです

※このタイプで連れはスリにあいました。

タオル 通常、Airbnbにはタオルは用意してありますが、まれにないこともあるため、小さめのタオルを数枚持っておくと便利。