1. HOME
  2. Airbnb(エアビー)
  3. Airbnb(エアビー)宿泊記
  4. 世界遺産都市エディンバラ市街とエアポートの間辺りでAirbnb(エアビー)
Airbnb(エアビー)宿泊記

世界遺産都市エディンバラ市街とエアポートの間辺りでAirbnb(エアビー)

ハリーポッターが誕生した街エディンバラ。

街全体がユネスコ世界遺産に登録された、美しいスコットランドの都市です。

イギリス旅行の際はぜひ足を延ばして、訪れて欲しいおすすめの場所でもあります。

小さい都市なので、短い滞在で楽しめます!

今回私たちのプランは3泊4日を予定していたので、中心部からのアクセスの良さ、コストパフォーマンスを重視して、交通機関で中心部まで10分の場所に、Airbnb(エアビー)をしました。

ただ、10分なのですが、外部の者にとってはなかなか難しい事がございます。

それは、エディンバラ市街からエアビーの最寄り駅までのバスに乗ったのですが、なんと次が何処の駅か知るすべがないということです。

一応、バスの駅は、写メしておりますが、書いてない駅も結構あり、戸惑います。

ただ、どう考えても1回乗ればわかる様なルートではありますので、心配なのは最初だけなのですが。

で、結局どうしたかと言いますと、バス停の駅名が見える位置まで移動して、止まるたびに外のバス停の名前を確認しておりました。

さらに言うと、エディンバラでは、バス料金は丁度支払わないといけないので、乗る前に用意しておく必要があります。

また、トラムは、カードでチケットを購入できますので、トラム近くのエアビーの方が便利だと思います。

結局私たちも、少し遠くなりますが、トラムの駅を最後まで利用しました。

エディンバラでは、トラムとバスの1日乗車券が£4なので、市街地の他いろいろ回りたいときは、このチケットを購入します。

前置きが長くなりましたが、今回はホームステイのような個室のお部屋を借りるスタイル。

なかなか、ハードルが高いように思いますが、実際宿泊したお部屋を紹介しながらシェアして行きます!

まず宿泊したのはこちらのお部屋

必要最低限のベットと、荷物を入れるタンス、タオルを用意して下さいました

センスの良いお部屋。

窓からの景色も綺麗

共有のリビングルーム

ヨーロッパの夕暮れは本当に綺麗。

キッチンも使用OKとのことでしたが、短い滞在で外に出ていたので使用することはありませんでした。

バスルーム(シャワーとトイレの部屋)は共有でした。

距離が近いので、緊張していましたが、なんとホスト夫婦がバカンスで、旅行に行っていたため

今回はお会いすることはできませんでした!

ちょっと残念でしたが、事実上貸切に。

ホストがいないまま、泊まるのは不思議な気持ちになりました。

夏は多くの方がバカンスで旅行するため、このようなケースもあるのかもしれません。

お会いできませんでしたが、ホストの方は丁寧なレスポンスをして下さり、感じの良いご夫婦なので交流したい方にとってはオススメです!

一番良い点は、地元の方なので情報を沢山頂けます。

お会い出来なかったのですが、オススメをまとめて置いておいて下さいました!

気になるお値段は1泊2人で¥4912

ハイシーズンにしては破格のお値段です。

中心部まで行くのにトラムに乗りますが、このような街並みをゆっくり見れますので、なかなかオススメなんです♪

エアビーは沢山ありますので、こちらのお宿のを参考に、今検討中の宿があったら、比較の参考になれば幸いです。

実は、こちらのAirbnb(エアビー)ちょっと迷ってしまったのですが、住宅街のため子連れの方も多く、ご親切に声をかけてくださったりしてとてもやさしかったです。

下記よりAirbnb(エアビー)に登録すると、私たちからの紹介ということになって、なんと3700円オフになります。
さらに、5,280以上の体験が1,388円オフになりとてもお得です◎

私も、最初はこちらのクーポンで、割引していただきました^^

おススメ記事